初期仏教における聖典成立と修行体系
other
5df86c27ac68df5ccc1454ea 5df86c27ac68df5ccc1454ea 5df86c27ac68df5ccc1454ea 5df86c27ac68df5ccc1454ea 5df86c27ac68df5ccc1454ea 5df86c27ac68df5ccc1454ea 5df86c27ac68df5ccc1454ea 5df86c27ac68df5ccc1454ea 5df86c27ac68df5ccc1454ea

初期仏教における聖典成立と修行体系

8,000 JPY

About shipping cost

本書は初期仏教の歴史及び修行に関するものであり、仏滅年代、律蔵の成立、パーリ語の故郷、経蔵の成立、八正道などの修行道を論じている。そこに用いられる手法と導き出された見解は、新機軸を打ち出すもので、初期仏教にとどまらず、その分派後も含む仏教全般を研究する上で、必見の内容となっている。   初期仏教研究は従来、主に三つの視点からなされてきた。  第一は、仏滅年代、聖典成立、分派史などを解明する”歴史”研究で、これは初期仏教研究の基礎知識となる。  第二は、八正道、四念処、止観などの“修行”についての究明。修行は仏教の最終目標たる涅槃に導くものであるから、極めて重要な視点といえる。  第三は、我・非我、縁起などの”思想”的観点からの考究である。